従2位復帰も・・・

こんばんは、黒王です(^O^)/

やっぱりまだまだ現役ですね、今孔明。4勝2敗で従2位Cに復帰できました(^^)

っていうか1セット目に紅天女引いたので、ちょっと休んでから2セット目、今度は黄石公記を引きました。毎回金家宝出てくるなぁ。ちなみに今回は銀箱から。


×挑発必中
○6枚昆天
○武田+絶望

○蝮+織田
○激励真柄本庄
×明智吉乃


いやー、明智が強いですな。って言うかどうしたらいいんだろうか。かなりへたくそな明智だったのですが、おいらが半分自滅したようなもんでした。左近を育ててから今孔明2度掛けした時に増援を忘れてたw

せっかくのチャンスだったのに・・・。

ただ、この時相手も安藤で育ててたので、鉄砲の威力が半端なかったので、一回引くべきだったと反省。あ、動画にすればよかったorz


ちょっと考えることを書いておこうっと。

1.今孔明を利家と左近に2度掛けするべきか、利家+左近→左近+梁田とかにして速度上げた部隊を増やした方がいいのか。

2.家宝は再起より全体増援か全体速度上昇か。それとも精兵でダメージ減を狙う?

3.鉄砲は乱戦では止められないので、馬が突撃する必要がある。でも、槍の護衛がいると突撃しづらい。しかも、鉄砲ノックバックがあるのでうかつに突撃すると槍が出てくる恐れもある。

4.道糞を落としたくても、こっちも含めて回復してくれるのか?明智も入れて回復したらまた追い返されるだけか?

5.開幕は本当に攻めるべきか?士気5まで待ってから仕掛ける方が良いか?→伏兵くらいは処理しないと利家が危ない?→竹中と高山を突っ込ませて少なくとも1枚は踏む。できれば2枚。

6.開幕再起を叩いて、画面の端に縦に並ぶ。相手が納得して攻めてきたところを・・・w
[PR]
Commented by Peco at 2011-09-09 23:40 x
今日すてねこさんに坊さんデッキをレクチャーしてたら、相手に明智吉乃が出てきたんで、如来降臨でサクッと勝っときました。まあ、そこまで上手い相手ではなかったですが、苦労しますね、あれは。

動画はねこさんがそのうち上げると思います(笑)
Commented by 黒王 at 2011-09-10 01:23 x
明智はダメ計のような瞬発的な威力がないのと単体を相手にするで、坊さんなどの超体力+ワラ戦になると厳しいんでしょうね。
安藤で育てる時間があれば全然違った結果になるかとは思いますが。
開幕に柵2、伏兵2を掻い潜り攻城するのはなかなか難しい…。
Commented by Peco at 2011-09-10 01:59 x
いや、その場で即興で開発した力技だったんですがね。如来降臨の範囲にこっち全員入れて、範囲内に明智も入れて、銃弾を喰らい続けるんですけど、ある程度喰らったら元気なヤツを前に出して盾にして、減ったヤツは後ろにまわして回復~みたいなローテーションでライン上げるんですよ。

要は、みんなで持ち回りで盾になるローテーションを組んで、明智には毒が入り続けるんで、調子に乗って無間撃ってると結構早く死ぬっていう作戦です。
今バージョンでは如来降臨の回復スピードも毒もまあまああるので、そこそこ持ちますよ。で、ライン上げきったら一向宗の采配で押し切るという。

相手の明智が上手くなければ結構いけますwwwww
Commented by 黒王 at 2011-09-10 07:32 x
いやー、普通如来の範囲に入るくらい近づけないですよー。明智側も道糞なり家宝なりでちゃんと回復してやれば近寄らせることはないはずなんですけどねー。

とか言いながらもおいらも坊ズは苦手ですけど(笑)
Commented by すてねこ at 2011-09-10 10:23 x
明智にだけ負けたくないなら幸隆使うのが一番楽かもしれない?w

動画は上げと来ましたが、そんなに相手が上手くないので参考にはならないかも
まだ私、五位なので

明智が引っ込んだ隙に多少上がって降臨にしないと、黒王さんの言うように近づく前に押し返されますねー
Commented by 黒王 at 2011-09-10 23:19 x
幸隆とかおつやのダメ計は効果ありますよね~。射撃時間が短くなるor道糞or家宝になるでしょうからね。更に槍含めて打てば大筒も取りやすくなるし。

動画見て思ったのは全体で押し上げるより、ワラワラと時差を付けて進軍する方が相手にはやりづらいのかなーと。
by kokuougun | 2011-09-09 23:35 | 戦国大戦 | Comments(6)

君主名『黒王』  馬超番長!ファミリー        
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30