城内突撃

こんばんは、黒王です( ´∀`)ノ


今日は、続きで②城内突撃です。

これも、攻められているときに使います。
難易度は4。

      ↓        ↓
 
   | ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄|
   |程  昱|     |楽  進|
   |___|     |___|
                             | ̄ ̄ ̄|
                         ←  |馬  超|
                             |___|
------------------------ 
               

上記のように2隊が攻めてきました。こっちは馬超だけで守らなきゃ!って時にまず、程昱のほうが城ダメが大きいので楽進より先に倒したいですよね。そんなとき、楽進を避けて大回りして行ってもかまわないのですが、それでは時間がかかり過ぎて防ぐのが間に合わない!そんな時に使います。

(城内突撃のイメージ図)

            | ̄ ̄ ̄| (マウント中)
   | ̄ ̄ ̄| ← |楽  進|  →     
   |程  昱|    |___|
   |___|    
---------------------
               | ̄ ̄ ̄|
           ←  |馬  超|  城内から程昱へ接近!突撃~!!
               |___|


ではどうやって城内から突撃するのか?それは昨日のテクニックとほぼ同じです。カードを城内から出し入れしながら横方向に移動し、オーラを纏ったまま突撃するのです。なんか言葉にすると分かりづらいですねw

実際のカードの動かし方はこんなカンジです。

①まず、戦場にいた馬超を城内へ戻します。

            | ̄ ̄ ̄|  マウント中
   | ̄ ̄ ̄|  ← |楽  進| →  
   |程  昱|    |___|  
   |___|                      ↓
-------------------------
                             | ̄ ̄ ̄|
                             |馬  超|
                             |___|

この時点ではミニマップでは点滅中です。(まだ武将は城内へ戻りきっていない)


②一気にカードを盤面の端っこまで持って行きます。

                      | ̄ ̄ ̄|  マウント中
 | ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄|  ← |楽  進| →
 |馬  超|     |程  昱|     |___|
 |___|     |___|                 
-↑-↓-------ж←---↓---←-------
 | ̄ ̄ ̄|
 |馬  超|           ↑     ←    ↑   ←  
 |___|           武将は矢印のように動きます。

そして、城内に戻りきらないうちに外に出します。そして、楽進に当たらないように城内へ戻します。また、戻りきらないうちに外へ出します。これを何回か繰り返して程昱へ到着し、突撃後はもぐり乱戦へと続きます。

実際の画面上では点滅したままの状態を保つようにしてください。また、攻城ラインを縫うように馬超は横へ移動して行きます。


これも、実際やってみるとわかりますが、巧くできると気持ちいいです(゚∀゚)

注意点
①迎撃は食らいますので、上図の楽進が槍の時は注意しましょう。
(避けれ無そうなとき、できないときは素直に一旦城内へカードを戻し、再出城したほうが無難)
②城内に撤退しているカードを一旦盤外へ出すとやりやすいでしょう。
③加速系計略・兵法を使用中は城内へ戻るのが早いため、注意しましょう。
④オーラを纏ったかしっかり確認しましょう。

お!ここでちょっと気づいたのでおまけで。
騎馬のオーラは城内だけでも加速して纏うことは可能です。つまり、一旦戦場で加速してから城内へ戻るのではなく、出城してそのままカードを城内へ戻し、点滅中に横や城外へ出すとオーラを纏えます。加速するスペースがない!って思ったら城内通路のご利用をどうぞw

⑤計略対象ですし、弓も当たります。
[PR]
by kokuougun | 2006-08-03 17:55 | Comments(0)

君主名『黒王』  馬超番長!ファミリー        
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30