ごっつん

こんばんは、黒王です( ´∀`)ノ

先日はガッツリプレイしてきましたが、その中でしばらく月英入りのデッキをやってきました。

ど-しても月英で城門に入れたくて(笑)

念願は1度しか敵いませんでしたが満足しました。


さて、ゴッツンデッキですが、このデッキは脳筋のため非常に妨害系・ダメ計に弱いです。幸い、先日はほとんど当たらずにすんで勝率も良かったです。

で、大戦仲間に劉表入れなくていいんですか?と聞かれました。









イインデス(゚∀゚)


なぜかというと・・・・















だって・・・
























それが南蛮ですからヽ(゚∀゚*)ノ


ま、実際連環食らったときの放置プレーはきつかったですが、それはそれで覚悟の上でのデッキですからね。
劉表・華佗を入れてもいいのですが、枚数が減ったり、武力が下がったりしては本末転倒になる恐れがありますのでしばらくはこのままで行きます。


このデッキのコンセプトは『間断なき攻め』です。

復活3枚を生かし、相手に余裕を与えないことが重要です。序盤から終盤まで相手を揺さぶり続けます。また、兀突骨の武力で相手を弾きまくり、攻城を常に入れ続けます。そのプレッシャーはかなりなものかと思います。

気がつくと、ジワジワと差が開いていきます。また、落城勝利も多いです。

朶思大王の毒泉もかなりの強計略です。士気はほとんどこいつが使います。相手張飛が城門で回転し始めても、こいつの計略でほぼ守りきれます。

攻めにおいても、相手キーカードの武力を下げる目的だけでも十分ですね。


戦法は両端から阿会喃と張梁が攻めます。金環三結もどちらかからですね。この3隊は基本の攻城役です。残りの朶思大王、ゴッツン、周倉でうまくバランスをとりながら攻城を入れていく形になります。

相手号令に対しては、数を揃えさせない立ち回りはポイントになります。基本、攻めていますのでこちらにつくまでには残り効果時間は短くなっています。また、象兵を犠牲にし、押し返すことで時間稼ぎもできます。


まだ、神速や周瑜などに当たってないのでわかりません。


ダメ計相手ではゴッツンが焼かれ続けると思いますが、そのときどうするか考えておかなくてはいけませんね。
[PR]
by kokuougun | 2006-08-06 22:53

君主名『黒王』  馬超番長!ファミリー        
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31