進軍3日目

前回の続き。

その頃になるとカードも大分揃ってきまして、SR劉備をメインにした『大徳デッキ』を使用していました。
大徳は強く、SRホウ統もいましたがほとんど大徳か白銀を使ってました。

デッキは
f0042340_1648087.jpgf0042340_16584011.jpgf0042340_16585085.jpgf0042340_1659261.jpg





4枚ですね。蜀はコスト2枠が強く、どれを選んでも良いですね。
SRホウ統はR徐庶と入れ替えたり、R姜維をR黄忠にしたりと負けるといろいろ変えてました。

ただ、このデッキですと絶対勝てないデッキがありました。
そう、『麻痺矢』です。姜維を抜いたとたん対戦するともう開幕する前から投了です(笑)

このころ、
C張松?武力は1だしなぁ。
UC張飛?武力8だけど知力3って。
Rホウ統?知力下がらないジャン。
SR趙雲?武力9あれば・・・。

って考えてました。でも、君主に勇猛が無いので張飛の「勇」や趙雲の「活」は重要なのだと気づいていませんでした。張松にいたっては挑発かけてもすぐつかまってしまい、士気3分の効果がありませんでした。

後に、自分のメインデッキにこの中から3人も入るとは想像もしていませんでした(笑)

その後、バージョンアップし、新カードが入りすぐ手に入れた新R関羽を使いできたのがこれ。

f0042340_1648087.jpgf0042340_176023.jpgf0042340_1659261.jpgf0042340_1725785.jpgf0042340_1771445.jpg




夏侯月姫を端、その隣に劉備、またその隣にホウ統、劉備の後ろに姜維、城門前あたりに関羽を置き、開幕から端攻め特攻でやってました。コンセプトは夏侯月姫でとにかく数発入れることでした。(兵法増援or連環or蜀軍の大攻勢)最初に撤退するのは劉備なのですぐ復活してきます。夏侯月姫を守るために姜維の挑発で引っぺがします。たいていの方は開幕からくると思ってないらしく、ほとんどの場合において序盤にリードを取れました。うまくいくと落城もありでした。あとは、守りきるだけですので連環、大徳、落雷、挑発で状況に応じてしのいでました。新R関羽?とりあえず知力5(伏兵でもなかなか撤退しない)というのと、不動大車輪を相手城門でやりたくて入れてました。まさか後だし挑発で引っ張れるとは想像もしてませんでしたが(笑)

ただこのデッキ、やっぱり麻痺矢には勝てません(笑)槍だけなのですから。車輪デッキとも違いますね。あえて言うならやっぱり大徳デッキかな?

しばらくすると、張松のウザさ(笑)、張飛の一騎打ち(手動車輪時って発生しやすいですよね?)、Rホウ統の範囲と射程(荀彧の視線外から打てる!)に気づき入れるようになりました。

できたのがこれ。
f0042340_1718161.jpgf0042340_16584011.jpgf0042340_1724666.jpgf0042340_1725785.jpgf0042340_1731259.jpg





そう、奮起デッキです。蜀の1.5枠は優秀なカードが多かったのですが、いまいちピンとくるものがおらず徐庶やホウ統、法正を選択していましたが武力が低く、いまいちしっくりきませんでした。そんな時、奮起劉備を手に入れることができたので組んだのが上記デッキです。

奮起劉備は厨カードだなんだと批判を受けることが多いのですが、実際使ってみると言うほど強くはありませんよね?たしかに自城の城門前あたりで倒せそうなときに使われるとキツイですが対策(火計、号令など)ができている相手ですと士気6の無駄遣いです。

最近のデッキにはたいてい号令系(全体強化)かダメ計がありますので奮起劉備は絶対的な存在ではありません。蜀の1.5枠にもたらした功績は大きいものがありますが。

このデッキで3品までは行けましたが、他のデッキを試したくなりいろいろやっているうちに5品まで落ちてしまいました(笑)

それでやっとサブIC作成にかかり、できたのが『白王』です。こちらは品になるまではcom戦で地道に上げてました。

次は白王ICについて書きたいと思います。
[PR]
by kokuougun | 2006-01-15 17:30 | 三国志大戦

君主名『黒王』  馬超番長!ファミリー        
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31