プレイ記録

どうもです、KOKUOUです(*´Д`)>゙

早速ですが、プレイ記録です。

1戦目
f0042340_2241136.jpg

この試合はHITとタイムリーが理想的に出た試合でした。
こんなに簡単だったっけ?と思うくらいでした。

ただし、桑田が打点2です(´゚д゚`)マジデ?

1点目のシーン(4回表)
【追加点のチャンスに打席が回ってきたのは桑田。ここで、選択したのは引っ張り強振MAX(直球)(`Д´)ゞビシ!
相手は内角直球で、見事サード頭上を越えるタイムリーHIT♪】

2点目のシーン(6回表)
【またまたチャンスに桑田の打席が。ここで相手はVSに。

※VSを知らない方のためにこんなカンジで図にしてみました。

右 123 左
打 456 打  
者 789 者

各打者は立位置です。番号はストライクゾーンを9分割しています。そこで、監督(プレイヤー)はそれぞれの選手の能力に応じた「円」を互いに置きあい、その結果によりHITやHR、三振が出るというわけです。四球もあります。簡単に言うと的当てみたいなイメージでしょうか。

その「円」は2重丸(内側の丸は赤色、外側は薄い黄色)になっており、パワー寄りかミート(投手だとコントロール)寄りかで大きさが変わります。具体的には、パワー寄りは全体的な大きさは小さくなりますが、赤丸が大きく、ミート(コントロール)寄りは黄色部分は大きくなりますが、赤丸部分は小さくなるという特徴があります。
赤が重なるとHRや長打が出やすくなりますし、黄色同士だと微妙なところで、選手の能力・体調など次第ではHITや長打、凡打など様々な結果が出ます。

そのほかにも選手の持っているパラメータ(チャンスに強いなど)、スペシャルスキル(威圧感など)、体調にも円の大きさは左右されます。
また、互いにまったく重ならないと基本的には三振になります。たまーに、打つこともあるみたいですが。


さて、話は戻って
ミートMAXで勝負で4578が入るように選択。
相手は478にミート寄りの投球でした。
これがうまい具合にタイムリーになり、2打点目を上げる。】

あと2点はチャンスに弱い二岡の先制タイムリーと

川相さんのスクイズ(4点目)です。


桑田(オレンジ)はまさに神投球で、6回か7回かな?まで完全ヽ(゚∀゚*)ノ
ただし、やたらと外野まで打球は飛んでましたがw

8回にHITを打たれて、体力も黄色になったので林に代わってもらい、完封リレーでした。




2戦目
f0042340_224186.jpg


逆にこちらはダグラスを打てなかったですね~。
初回、ノーサイン強振MAXで江藤が確定HRを放ちましたが、まったくの偶然ですw
調子はオレンジでしたが、球種指定は外れてましたので(´・ω・`)

石原にランナー1塁でパワーMAX内角直球を引っ張りで持っていかれました。
新井にもやっぱりパワーMAXのノーサインで。

やっぱりコントロール寄りがいいね、と思いまスた(´・ω・`)
[PR]
by kokuougun | 2007-01-10 22:48

君主名『黒王』  馬超番長!ファミリー        
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31