ケニア大会(赤王ver)

こんばんは、黒王です( ´∀`)ノ

ケニア大会はちょろっと家から抜け出して参加してきましたw

使用したデッキは・・・

SR呂布、SR司馬懿、SR夏侯淵

基本的な戦略は

相手に伏兵(ほぼSR周瑜)がいたら左右のどちらか端っこが多いだろうから司馬懿、夏侯淵を左右に。呂布は中央配置。いない場合は城門前に2隊並べて、司馬懿はテキトーな中間あたりに。
司馬懿の伏兵はなるべく維持し、相手脳筋を牽制。行動の自由を奪っておく。徐々に進軍させておき、その周辺で誘いをかける。(相手R張飛とかいたら、まずわざと突っ込んでいき手前で止まる。そしてゆっくり近づいたり離れたりしながら伏兵がいる方へ誘導する。踏めばラッキー。)
兵法は再起or神速or連環。
一騎打ちは勇猛持ちでしか発生しないので気持ち的には楽。
呂布の武力10を生かし、ゴリゴリ削ること。
相手の計略にカウンターで奇策縦横狙い。(基本的に士気は使わないで凌ぐ)
周瑜がいたら呂布+司馬懿と夏侯淵に分けて動く。(わざと焼かせる)
麻痺矢には夏侯淵の極で。
天下無双は槍を乱戦すり潰しに超有効。

あとは臨機応変にということで。

まずは赤王ICから。

1戦目○ 徒弓麻痺矢進撃ダイターン

麻痺矢なげぇっすね。分かってはいたのですが、相手にすると非常にウザイ。麻痺矢+進撃コンボは進撃を消してあげたのでセーフでしたが、自由にやられると危ないでしょう。あと、大胆がほぼ役に立ってませんでした。こちらが攻めてるときに端攻めで1発殴られた時は焦りましたが、終盤にこちら連環の法からの極めで攻城を奪い再逆転。きわどい勝利でした。

2戦目× 赤兎一喝人馬

一喝の範囲を知らなすぎた一戦。まとめて3隊くらいました(´д`)ただ、中盤まではリードを得ていたので終盤のそのミスが痛かったです。奇策縦横に拘りすぎたのもいけなかった。無双での乱戦ダメ狙いでもよかったかもです。


とりあえず練習代わりに赤王でやったのですが、司馬懿は強いですね。これをメインにするまでは難しいですが、面白いと思います。相手も計略知らないんじゃね?って思いますもん。正直、私も良く知りませんが(ノ∀`)

1隊掛け ・・・
2隊掛け ・・・
3隊掛け ・・・
4隊掛け ・・・

効果を正確にカキコできますか?w

あ、カードを見ちゃダメ!

もちろんwikiで調べてもダメダメです。

武力・知力の減少値まで正確に書ければあなたはSR司馬懿マスターです!

(そんな称号イラナイとか言うな)


答えは明日の黒王の大会報告時に。
[PR]
Commented by TRK at 2007-08-26 23:31 x
計略、わかりますよ!!

だって、僕も使ったw



4隊以上に対しては知りませんがwww
Commented by watt at 2007-08-27 08:47 x
私も知ってますよ。なんせメインで使ってますから(笑)
100戦まではやってないでしょうけど、徳が全然変わらないんですよねぇ。
ってことでメイン変更を検討中です。
Commented by kokuougun at 2007-08-28 00:39
>>TRKさま
おー、使われましたかー。結構強かったですよね、司馬懿。
他のメンツが気になりますねー。
Commented by kokuougun at 2007-08-28 00:41
>>wattさま
この問題では大本命ですよねw使ってらっしゃったのは知ってました。
メインでやるなんて素晴らしいデス(*´∀`)
やっぱ他のメンツはカク昭とかで武力底上げしてますか?
Commented by watt at 2007-08-28 10:14 x
デッキは当初SR張遼/SR司馬懿/R郝昭/C曹昂でやってましたが、
現在は張遼/曹昂→SR鄧艾/U曹皇后に変えてやっております。
相手槍にラインを揃えてこられるのがイヤだったので曹皇后に、士気が重くなりすぎるので張遼を鄧艾に変えてという感じで。

一番の問題は4枚デッキの主力2人が伏兵ということです。
開幕かなり削られる可能性もあります(笑)
Commented by kokuougun at 2007-08-28 22:22
>>wattさま
なるほどー、4枚デッキでしたか。やっぱカク昭あたりは入れたいところですよね。しかし、自分には馬単だと厳しいかなー。
でもちょっとだけサブでやってみようかな。デッキ借りパクしますヽ(゚∀゚*)ノ
by kokuougun | 2007-08-26 21:11 | Comments(6)

君主名『黒王』  馬超番長!ファミリー        
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30