ケニア大会(黒王ver)

こんばんは、黒王です( ´∀`)ノ

メイン黒王ICでも参加してきました~。

もちろん、デッキはいろいろ考えて

SR陸遜/R徐盛/R文鴦にしました。

柵2枚で槍2枚ならほぼ柵は守りきれるかなと。あとは孫呉から徒弓麻痺矢で乙れる妄想です、ええ。

しっかぁーし!





R徐盛忘れた(・∀・)

毎度毎度の忘れ物w


泣く泣く赤王と同じデッキで出陣。

SR呂布/SR司馬懿/SR夏侯淵


○(神速) LE趙雲/SR孟獲/Rホウ徳(徳5)
100:8.5 呂布10○ホウ徳11

まあウザかったのがもちろん孟獲。6回も撤退させましたが、諸葛亮に及びませんでしたね(ノ∀`)自陣で倒すと相手陣につくころには復活してるから厄介でしたw
一騎打ちは誠に申し訳ない。こちら兵力ミリ呂布に兵力9割上人馬ホウ徳が突っ込んできたら発生。美味しく頂きました。相手は人馬と神速しかないので天下無双でぶつかればこちらが優位。しかも、最大士気6ですので同時発動できないのでそれほどでもなく。押し切って勝ち。

やっぱ一騎打ちゲーになりやすいケニアは危険だと再認識。


○(再起) SR周瑜/SR馬超/Rホウ徳(徳9)
90.6:0.0(残39C)

開幕に司馬懿で周瑜を堀り、そのまま突撃で落としている間に反対では2-2で戦ってました。その間司馬懿で数発殴ります。あとは周瑜にだけ注意してれば良いわけで。
一番危険なのが攻城中に複数部隊を焼かれるということですからソコだけ気をつけました。
奴さえいなくなればこっちのもの。ガツガツ殴って落城勝利。


○(再起) LE周瑜/SR馬超/R張飛(徳6)
100:72.1 呂布10○張飛9 呂布10○張飛9

業炎2発で撤退2隊。これは立ち回りが良かったことの証明かなと。常に周瑜を挟むように動き、一辺に巻き込まれないように注意しました。
    
---門---
夏   周司

こんな形を常に意識しました。もちろん、周瑜が出てくるまでは2隊も張り付きませんよ~。
そして、間から出てきた馬超が白銀の獅子をかましたので奇策縦横で消してあげました♪これさえしておけば相手は仁王も使うのは躊躇ってくれるでしょう。

あとは奪ったリードを守るだけ。

守りにも周瑜と味方部隊の配置にさえ気を配ればOK。城内凸&乱戦で対応して終了。



さてさて、今回の大会も討伐成功しました。

もっとやりたかったのですが、さすがに時間とお金が厳しいので今回はココでやめました。

思ったより業炎が多かったのがちょっとビックリでした。

アレって他人が使うとものすごく強いけど、自分で使うと弱いカードの筆頭だと思ってます。


あと、もしかしたら魏武って強かったのかなーと。

呂布は呂布で良いのですが、魏武入れて常に12、11、10の3隊を作っていればよかったのかもと思います。ただ、伏兵が2隊になるので踏ませ方が難しいとは思いますが。

その場合夏侯淵は張遼の方がいいのかな?鄧艾だと伏兵3隊になっちゃうしw



さて、前回の記事の答えあわせの時間です。


範囲内の敵の数に応じ、敵に以下の効果をあたえる。
1部隊:敵の計略による効果を消し、武力(-7)を下げる。
2部隊:武力(-6)と知力(-5)を下げる。
3部隊:武力(-4)と移動速度(0.6倍)を下げる。
4部隊以上:武力(-5)を下げる。

さて、正解できたでしょうか?

個人的には1隊掛けの-7ってビックリでした。これって雲散効果もあるので相手キーカードつぶしには最高かもしれないですね。知力下げ目的はあまり使わないでしょうが、1隊掛けや3隊掛けは強いでしょう。

ただ、相手次第になる点が微妙なんですよね~(´д`)

とりあえず覚えておきたいと思います。
[PR]
Commented by すて猫 at 2007-08-28 20:12 x
ケニア大会は呂布、一喝、人馬ホウ徳で出ました

疾風車輪で完封されました…無双で潰しにいくと微妙な速度差で迎撃の嵐…
臣下にもなったので完全に記念参加で終了です
Commented by kokuougun at 2007-08-28 22:25
>>すて猫さま
そのタイプは強かったですよー。疾風車輪は厳しそうですが、人馬乱戦でガマンするしかないですよねぇ。

>臣下
あのシステムなんとかならないですかねー。
あれで皆やる気をなくして大会参加者が減っていっていると思います。代わりに玉璽が奪われる数を×2、×3とかにすればいいのにと思います~。
by kokuougun | 2007-08-27 23:59 | Comments(2)

君主名『黒王』  馬超番長!ファミリー        
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30