呉単

こんにちは。黒王です。
って言っても最近はサブの白王しかやってませんが。

ついにサブがメインを抜いてしまいましたw
4品までいきました。火計は強いですね。

デッキはこれ。
f0042340_11384647.jpgf0042340_1139088.jpgf0042340_11391081.jpgf0042340_1139217.jpgf0042340_11392816.jpg




これって公式サイトを見ると、呉勢力の上位5傑なんですね。
知らないで組みました。

基本は賢母意地や蛮勇です。相手をみながら火計ですが、天衣無縫もなにげに強いですね。賢母は強いと思ってましたが何気に意地が強力です。ラグなしならあっという間に殲滅できます。火計が使いこなせればかなり有効です。まだ慣れてないため、範囲内に沢山入れようとしすぎて失敗してしまいます。効果的に使いたいですね。特に奮起相手などには。

結果は・・・。
××○○○○○○××○×○○○○○×○△○○×○××××○×でした。
最初は慣れなくて連敗し、6品降格。その後6連勝で5品上位へ。また5連勝し、4品へ。上位まで行きあと少しで3品というところで4連敗。最後は意地になり武勇を減らして終了デシタ。

内訳は最初の連敗以外はほとんど奮起入りデッキです。蜀単や涼蜀などです。どうしても「よっしゃー、まだまだぁー」でやられてしまいます。最後の8戦は全部奮起入りです。最後は見たくありませんでした。

負けた原因は、奮起をされる前に自分から火計をかけて負けてました。あるていど範囲に入るとどうしても打ちたくなり、1割くらい残る→奮起で乙_| ̄|○SR馬超も兵力満タンで焼ける時と焼けないときがありますね。やはり2割くらいは弓で減らしてから打つことを心がけたいです。

奮起+白銀+挑発のセットはきついですね~(^^A
チョロに逃げられるとむかつきますw
ミリでも残して逃がしてしまうとなかなか攻城できなくなってしまいます。

白銀はこちら弓が多いので発動されたら逃げるか連環の法しかありません。
槍は誰かに壁になられると意味ありませんから。連環の法も白銀中だと1回当たるまではオーラを纏ったままですので危険です。

では、自分の勝ちパターンをば。
①序盤相手伏兵いても柵内で頑張る。
②相手がラインを上げてきたら柵3枚+弓3隊+周泰で頑張る。
③連環の法叩いて、孫策攻城へ。数発殴ってリードを得る。
④あとは賢母を軸に守って乙。

です。馬での攻城なのでリードは少なめになりますが、守りきることは攻めるより楽ですので十分可能です。ただ、連勝は5~6品です。4品になると相手も連環であることが多くなってきました。(または増援の法でごり押しし、こちらの守りを崩される)攻めてを考える必要がありそうです。

負けパターンは?
①火計を反計される。
②一騎打ちで主力が落ちる。あと、呉夫人は良く一騎打ちするので注意w
③計略誤爆。
④火計を有効活用できていない。
⑤相手デッキに応じてこちらのメインにする計略を考えていない。
⑥その場しのぎの計略使用。
⑦兵法使っているのに攻城できない。もしくは守れない。

こんなところでしょうか。
①については論外ですね。見られてるのが分かってるのですから、注意しましょう。
②練習アルノミ。プレッシャーが・・・。
③気をつけましょう。もう少し落ち着いて。
④出城直火計にすればもう少し範囲に入れやすいかな?あとは欲張らないこと。
 奮起相手なら少し減らしてからか、奮起後に使用すること。
⑤賢母意地・蛮勇でいくのか、火計なのかを明確に。
⑥武将を撤退させるときはさせる、どうしても生かすときは使うなど明確にする。
  馬に壁数発程度なら逆転できるのであえて食らうことも考える。
⑦タイミングを考えること。序盤に入りそうなら使わないことも考慮する。
  連環は攻守に使えるので相手を見て序盤に使わない事も大事。

長くなったのでプレイ日記は省略で。

今日の引き
f0042340_1224826.jpgf0042340_12242426.jpgf0042340_12244075.jpgf0042340_12245360.jpg




エピソード。
武将カードがなくなったみたいなので店員を呼び、補充してもらうことに。
すると、店員は手ぶらで来たと思ったら隣の台(空席)を開けてそこから補充しやがったw
1枚目のカードがなんとSR張遼wwwwwwwww
ラッキーですたい。あの店員はGODですねw
[PR]
by kokuougun | 2006-02-04 11:49 | 三国志大戦

君主名『黒王』  馬超番長!ファミリー        
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30